海外ドラマ24シーズン3・エピソード16の感想(Amazonプライム動画)

 
24シーズン3のエピソード16を見ました。
 
ウイルスがばらまかれ、その中で命がけで働くミシェルが美しくてかっこいい。 
 
そして、いつも強気な旦那さんであるトニーが弱っているのが、人間だな~って思う。 
 
ジャックバウアーは、賭けに出てその賭けが成功するわけだけど、拷問をしても絶対に吐かない人はやっぱり分かるんだな~って思いました。 
 
今回のシーズンはミシェルがちょっとおとなしくて、疲れていると思いました。 
 
でも、それってやっぱり立場の違いなんでしょうね。 
 
今回、ホテルの中を仕切る方に回ってリーダーとしての役割が求められ、それにちゃんと答えているからかっこいい! 
 
人って立場次第でどうにでも変われるのではないだろうか?
 
そんなことも思いました。
 
 
別にできないわけじゃない。 
 
無理やりその場所に立たされたら、その場所にあった行動ができるのかもしれない。 
 
ウイルスに侵されているオルテガだって、冷静に自分の姿を見ている。 
 
そして、死んでいくことを覚悟している。 
 
なんでそんなに仕事のために命を捨てられるんだろうか?

 
仕事に必死になることってあると思います。 
 
でも、冷静に考えたら、なんでそんなことにムキになってるの?とも思う。 
 
別にどうでもよくないか? 
 
その案件が、その選択が自分の思い通りに行かなくたって、そんなに大きなことだろうか? 
 
 
でも、なぜか人は、自分の仕事となると、その役割を演じたり、自分の命をかけたり、命まではいかなくても、時間やお金やありえない行動をしたりする。 
 
そんなことも今回の24を見て思いました。 
 
 
みんながみんなそれぞれの人生を必死で生きている。 
 
その姿を見れる、24はすごいドラマです。 
 
僕もちゃんと生きよう。 
 
自分の役割を果たそう。 
 
もっと本気になろう。






TOPページ