歩きスマホにイライラ、狭い道を遅く歩くおっさんにドロップキックを!

 
歩きスマホって問題になっているけど、だいたい禁止の理由が衝突です。 
 
でも、僕がイライラするのはそれではありません。 
 
ぶつかりそうになった人は、だいたいあちらから逃げてくれます。
 
 
一番ムカつくのは、遅い人ですね。 
 
明らかに歩く速度が遅い人がいる。 
 
しかも、横から抜けないくらいに狭いところで遅い。 
 
何かと思うと、スマホをいじっている。 
 
見ているならまだしも、打ちながら歩いているから、ものすごく遅い。 
  
 
なんで、そんなところでスマホをいじるんだろうか? 
 
ちょっと先に行ったり、狭い道ではないところで、打てばいいのに、そうはしない。 
 
 
急いでいる時とかは、ほんとう後ろからドロップキックをかませたくなるものです。
 
他の人がそうやっている時に、イライラしたことがないのかな~。 
 
もしくは自分が特別だと思っているのかもしれない。 
 
 
こういったマナーみたいなことって、なかなか身に着くものではありません。 
 
だって、大人になったら、周りの人が注意してくれなくなります。 
 
特におっさんは悲惨です。 
 
嫌なところが多いと無視されて終わってしまう。 
 
言わているうちが華だというけど、ほんとうその通りだとも思う。 
 
でも、言われたくないのが僕たち人間です。 
 
だから、その人にとってよさそうなことも言ってしまうと、逆に怒られることもあるかもしれません。
 
 
お金を持ってきている人も多いだろうから、奥さんも注意できないのかもしれませんね。 
だから、自分が正しいと思い込んで成長がなく、老いていく。 
 
気づいた時には周りに誰もいない。 
 
その理由は分からない。 
 
面と向かって嫌いと言われるなら分かるけど、そうではないから、気づいた時にはひとりぼっちです。 
 
うん、つらい。それはつらい。 
 
 
かと言って、おっさんになって、後輩や奥さんや子供に自分のいたらない点を指摘されるのも、それはそれでつらい。 
 
やはり、自分で自分の身はよくしていくのがいいと思う。 
 
 
あとは、質問ですね。 
 
 
「俺、大丈夫?」って奥さんに聞いてみればいいと思うんです。 
 
そうすれば、優しい答えが返ってくるかもしれない。 
 
返ってこないかもしれない。 
 
奥さんがいないので分かりませんが、あちらが我慢の限界に達した時に言ってくるよりは、早めなので優しく言ってもらえると思います。 
 
 
歩きスマホも普段からやっているのなら、奥さんや周りの人と行動中にもやっているかもしれません。 
 
その時に優しく注意してくれる人がいたら、それはすごくいいことなんですけどね。 
 
そんな注意する人になりたい。 
  
そして、気軽に注意される自分でいたい。 
 
いつまでも成長してよくなっていきたいって思います。

TOPページ