バカッターとは?

 
バカ+ツイッター= 
バカッター
 
誰が作ったかは知らないけど、
よくできた言葉だな~。   
 
 
そもそも、ツイッターって
適当につぶやくものだったはず。 
 
それがどこの誰だか知らないけど、
変な使い方をしだしている。 
 
 
やっぱりお金を稼ぎたかったり、
仕事をうまくいかせたかったり、
目立ちたかったり、
そういった人が変えたんだろうな~。 
 
ツイッターってスマホで
簡単にできるし、
動画も簡単にアップできる。 
 
 
いかに目立つかってことを
競って遊んでいる人もいると思う。 
 
でも、ツイッターって
目立ち方によっては
渋谷の交差点で何かをするよりも
注目を集められます。 
 
渋谷の交差点に集まる人くらい、
いや、それ以上の人に
見てもらえるチャンスが
何も持っていない人にもある。 
 
 
アルバイト先で、
バカなこと、
犯罪めいたことをやって
注目を集めるのは簡単です。 
 
ただそれをやったからと言って
何が満たされるというのだろうか? 
 

それで思いついたのが、
シャッターや壁への落書き。 
 
あれ、意味ないですよね。
 

 
でも、やったということが残って、
それを仲間内に称賛されたりする。 

自分は悪いことをやっていて
かっこいいって思える時代もある。 
 

ただあれって、ばれにくいと思うんだけど、
ツイッターは、すぐにバレちゃうよな~。 
  
本人はバレるわけないと思って
やっているのかもしれない。 
 
 
それならまだ話は分かる。 
 
でも、そうやってバレることを
知らないのはバカですね。 
  
 
そして、バレると分かっていて
やっていても、バカです。 
 
どちらにしろバカなんだな~。
バカッター、ほんとうまさにその通りだ。



インターネットで無限バカ

ネットの世界には
無限の可能性もある。 
 
それと同時に、バカを無限に生み出す。 
使い方を誰も教えてくれない。 
 
自分ひとりであれこれと
進めていけちゃうのは
ほんとう危ない。 
 
 
ツイッターなんて、
好きな人だけフォローして、
その人たちの言葉が
流れてくる様になる。 
 
フェイスブックも似た様なものだけど、
自分だけの世界を構築できちゃう。 
 
 
だから、それが常識になって、
世間の常識と離れていくのも
分からなくはない。 
 
ほんとう危ないものだな~って
思います。 
 
 
ツイッターはバカを作るというより、
バカを認めてくれる仲間だけで
集まりやすい。 
 
 
自分ひとりではできないことでも、
周りがやっていたりすると
できてしまったりする。 
 
自分の価値観に似た人も
ツイッターでは見つけやすくて、
友達になれちゃったりもする。 
 
 
学校とか会社って
嫌いな人や苦手な人もいる。 
 
それがあるから自分を客観的に見れたり、
注意してもらえたりする。 
 
 
でも、ツイッターにそれはない。
 
あったとしても、ブロックしたり、
フォローを外したりして、
自分好みの世界を作り上げられる。 
 
 
その世界ではバカッターがやっていることも
普通なのかもしれない。 
 
洗脳状態を作れてしまうツイッター。
 
とてもおもしろいけど、 
注意して僕は使う様にします。


・3億円を山分けする方法