【ネタバレ】バチェラー4 最終回を見た感想ブログ

 
とうとうバチェラー4が最後です。 
 
今までの感情がひっくり返る最後となりました。 
 
これ途中で嫌になって見るのをやめなくてよかったです。 
 

バチェラーってこんなに感動物語なんですね。 
 
今まで見てなかったけど、今回見ることができてよかったです。 
 
これから前のシーズンも見直します。 
 

 

【ネタバレ】バチェラー4 最終回を見た感想ブログ

散々遊んだ男の終着点

最後を見ました。

散々遊んだ男の終着点はそういうことか!って感じがしました。 
 
黄皓さんはキスをしすぎていたし、女の子を口説く時は顔が赤いことが多くて酔った勢いみたいで、そんなに好きではなかったんだけど、最後の最後でいい男だって思いました。 
 
最後、男を上げたと思います。
とてもお似合いの2人でした。 
 
家族の反応がまったく違ったのもおもしろかった。
 
  
結婚するなら秋倉諒子さん。
恋人にするなら休井美郷さん。 
でも、ほんとうに欲しかったのは藤原望未。

って感じですかね。 
 
人間、欲しいものは全部は手に入らないのかもしれない。
でも、それでもしあわせの形がある。 
 
それを黄皓さんには見せて欲しいです。 
 
結婚報告を待ってます!!!!! 
 
 
バチェラー4とっても楽しかったです。 

5も期待しています。  
 

【感想】エピソード10 最終回トークスペシャル~再生の旅 結末~

本編のあとに、出演者がみんな集まってのトークがあったけど、ここがすごいよかったです。 
 
やっぱり最後に残った3人は残るべくして残ったのかと話を聞きながら思いました。 
  
 
藤原望未はバシッといいコメントをしてました。
こんなにおもしろい人でもあったんですね。 
 
休井さんはやっぱりかわいい。
ほんとうにバチェラーが好きなのも伝わってきました。 
  
  
そして、秋倉諒子さんがいい女過ぎて、とても魅力的でした。 
  
お父さんが本当すごい素敵な方だったので、その血を継いでいるいい子だって思いました。

 
バチェラーでまさかこんなに泣けるとは思ってませんでした。 
  
 
途中はなんて薄っぺらい恋愛なんだと思ったけど、そんなことはなくなっているのがすごい。
 
キスする場面が本当嫌だったけど、それさえもあってよかったと思えている。 
 
たぶん僕もバチェラーの世界に行ってしまっていて感覚狂ってる。 

このあと寝たら現実世界に帰ります。
  
 
でも、この状態がカップルになったお2人にはずっとつづいて欲しいなって思います。 
 
このバチェラー4は、本当ドラマや映画みたいでした。 
 
確かに、リアリティショーでもあるからエンターテイメントなんだけど、台本はないので余計に感動しました。 
 
ほんとういいものを見させてもらいました! 
 
ありがとうございます。 
 

ヤラセではないけど、真のリアルではない

バチェラーとかテラスハウスとかあいのりとか全く受け付けない人がいます。 
 
台本はないと言っているけど、ヤラセなんじゃないかって思っているみたいです。 
 
でも、ヤラセかどうかと言うより、いつもの自分ではないのは確かだと思います。 
 
 
だって、カメラに映されていたら、言動は変わるはずです。

スマホで写真を撮るときだって、写真用の顔をしています。 
 
 
見たこともない様なカメラに撮られていたら、いつもの自分でいられる訳がありません。 
 
だから、台本や演出がないと言っても、リアルではありません。
 
日常の自分ではないはずです。
 
でも、それはそれでリアルだとも思います。 
 

人間って状況に応じて自分を使い分けることができます。

バチェラーに出演している人はバチェラー用の自分になっています。
 
それはそれでいいし、それを見ているのがおもしろいです。 
  
  
こんなこと普通しないとか言って冷めるのではなくて、ドラマや映画を見るくらいの気分で見れば楽しめるって思います。
 
 
ああいった場所で付き合ったとしても別れてしまうのは、日常の自分とバチェラーでの自分は違うからでしょうね。 
 
あと、ああいった番組に出ていると自己洗脳にかかっていて、それが解けるからだと思います。
 
別れるのも当たり前。
それはそれでしょうがないことです。 
 
 
エンターテイメントとして、あまり日常的なリアルを求めないで見れば、バチェラーはものすごくおもしろい作品です。