カフェの店員さんに連絡先を渡す前に知っておきたい「連絡先を書くべき場所」「ナンパ師の行動力」など

カフェの店員さんがかわいい。 
 
話しかけようにも勇気が出ない。 
  
好きで好きで、この想いを伝えたい。 
 

そう思った人に伝えたいこの話
 
カフェ店員さん、
実はずっと内気男子が好きだったという話 
 

 
 
そんなことはあるだろうけど、もしかしたら自分のことを気に入っている可能性だってある。 
 
恋のチャンスなんて、いくつでもあるし、もしかしたらイケるチャンスを逃していることだってある。 
 
だから、カフェの店員さんいいな~って思ったら、早めに渡すのがいいんだろうな。 

カフェ、飲食店、コンビニ、マッサージ店、歯医者、病院、受付嬢、社や学校の女性、さらに町で見かける女性全般に使える会話術なので、
身近でてっとり早く「女性との接点と出会いを増やしたい方」にオススメです。
 

    

カフェの店員さんへ、自分の連絡先を書くべき場所

自分の連絡先を名刺の裏に書いて渡すのがいいそうです。 
 

 
 
名刺だったらもらっても苦にならないだろうし、捨てるのも簡単。 
 
分かりやすいし、自分のことだって伝えられる。 
 
あとは、スーツを着ていれば取引先か何かに見えるので、周りの目がカフェ店員さんもそこまで恥ずかしくないかもしれない。
  
 
名刺に書いて渡すだけ。 
 
それで、もしかしたら連絡がくるかもしれません。
 
何もしなければ何も起こらない。 
 
遠くからそっとチラチラ見ることはできるかもしれないけど、それだけです。 
 
 
名刺を渡せば何かが始まるかもしれない。 
 
その時は、名刺にブログかツイッターなどのURLを載せておくのもいいですね。 
 
そこに来てもらえたら自分のことを好きになってもらえる様な内容にしておく。 
 
自分のことを伝えられることを書いておく。 
 
 
一生懸命おもしろおかしくブログもツイッターもがんばる。
 
そうすることで、自分のことをあまりよく分からない人に好きになってもらえる可能性も増えるはず。
 

カフェ、飲食店、コンビニ、マッサージ店、歯医者、病院、受付嬢、社や学校の女性、さらに町で見かける女性全般に使える会話術なので、
身近でてっとり早く「女性との接点と出会いを増やしたい方」にオススメです。

できる人はやっている。

そう、今こうしている間にも差はついている。誰かがあの子を狙ってる。
 

  
 
僕もそうなんですが、一歩目の行動をするまでに時間がかかってしまいます。 
 
昔はそんなことはなかったけど、今はあれこれ考えてちゃんと情報収集して間違いのない方法を選んで実行したいです。 
 
それがいい時もあるけど、悪い時もある。 
感情のままに動いてしまった方がいいことも多い。
 
 
ナンパは人との取り合いなので、早い方がいいに決まっています。
  
積極的なナンパ師はどんどん口説いて言っています。 
 
数がすごいので、きっとどこかで誰かが捕まるのかもしれない。 
 
自分が気になっているくらいの子だったら、ナンパ師が来たらすぐに声をかけてしまうでしょう。 
 
もしも、そうなった時についていく子だったら、自分にもすごいチャンスがあったということです。逆についていない子だったら自分にもチャンスは少ないかも。 
 
 
なので、やっぱり早い方がいいと思う。 
 
 
ナンパをしている人にとってカフェの店員さんに話しかけるのは練習みたい。 
 

 
 


 
カフェ店員に声をかけるというのはナンパ師からすると初歩段階のことかもしれない。こういう人たちがいると自分のチャンスが減っていく。

がんばっているサラリーマンもいる

 
 
紙切れ持ってウロウロするのはどうかと思うけど、ちゃんと連絡先を渡したのは偉い。
 
女性って基本的にナンパされても嫌な気はしないと思うし、ナンパよりも連絡先を渡すだけなのでかわいいものです。 
 
カフェ店員をナンパすることは、しつこくしなければ、そこまで嫌がられないことだとは思います。連絡先を渡して返事が来ればラッキーだし、来なければそれまで。次に行ける。

チワワパワー

 
  
まず、カフェの店員さんと仲良くなった方が、ナンパの成功率はあがるって思います。  
そのために、ペットの力を借りるのもいい。 
 
かわいいチワワを連れて何度かカフェに行けば、覚えてもらえるはず。 
 
コーヒーを持って来てもらう時に、会話もしやすい。 
 
あとは、勇気を出して連絡先を渡すだけです。 
 
 
よく行くお店の気になる女性店員さんと無理なく自然に恋人関係に発展させる方法
⇒ 女性に好かれる会話のテンプレート
 
会話が増えれば、成功する可能性も高まります。

タイトルとURLをコピーしました