グーグルマップでよく迷う理由、これだから方向音痴が治らない。

グーグルマップでよく迷う理由 
   
僕は、お客さんの家に
訪問する仕事をしています。 
 
だから、グーグルマップを使って
初めての場所へとよく行きます。
 
 
そういったことは
多くの人にあることだと思います。 
 
 
なぜか、迷ってしまう自分がいます。
 
グーグルマップが示す目的地へ着いたのに、
違う場所だったこともあるくらいです。 
 
なんでそんなことが起こるかというと、
履歴の住所を知らない間に選択して、
そこに向かってしまっているから。 
 
 
なんか見たことある景色だな~って思ったら、
ほんとうに見たことがあるところだった。 
 
そんなことがありました。 
 

なんで履歴を選択してしまうんだろうか?
謎すぎる。  
 
 
いや、電車の中では、
ちゃんと選択したりしてるんですよね。 
 
ちょっと何か変なところをいじってしまって、
そんなことになってしまうことがある。 
  
ほんとうバカなんだなと思います。



 

方向音痴になる一番の理由を分析

自分はですね。 
 
迷うのを 
楽しんでしまっているところがありますね。 
 
だから、迷わない様に
最善の努力をつくしてない。 
 
 
いや、そんなことをしなくても
迷わずつける人がほとんどだと思います。 
 
でも、自分の場合はがんばらないと
たどり着けません。
 
 
だから、グーグルマップを見ながら
歩き出す時は、目的地の住所が
ほんとうに自分の目指す場所なのかを
確認しないといけません。
  

そうしないと、深層心理は
たぶん、迷ってしまえ~って
思っているから、迷うことを実現させる。 
 
 
迷いながらも、 
ちょっと楽しんでますもんね。
 
それは自分で分かります。 
 
また迷いやがって、この野郎とは
思わない。 
 
イライラしてない。
ムカついてない。 
  
 
でも、しまった!次からは気を付けようって
思ってはいる。 
 
複雑な自分の思考を知りました。 



 

周りの人はできても自分はできない

グーグルマップで迷うなんて、
なかなかできることでもないと思います。 
 
周りの人は普通にできる。
でも、自分はできない。 
 
だから、他の人と同じ様に
使っていてはダメです。 
 
とにかくそれでいいのか?と
何度も確認する必要はあります。 
 
 
今まで何度も間違っています。
 
逆方向へ行ってしまうことも
よくあります。  
 
 
だから、これでもかってくらいに
確認する必要がある。 
 
絶対に遅刻できない時は
グーグルマップが示す時間の
3倍くらいはかかると考えて、
早めに行く必要があります。 
 
 
できないこと、苦手なことって、
人それぞれです。 
 
グーグルマップがうまく使えないなら
それはそれでしょうがない。 
 
 
そんなことができないなんて、
なんだか悲しいけど、現実なので、
認めて、改善できる様にしていきます。 
 
ほんとう人間って、
ありえないミスをすることもある。 
 
 
それはしょうがないことですね。
 
ミスをした人にも自分にも
優しい気持ちは
持ってはおきたいです。



TOPページ