彼女の誕生日を安いホテルでお祝いしたけど、喜んでもらえた。しあわせの形は人それぞれ。


  
 
なんと泊まるのが2人で5000円。 
そんなホテルで彼女のお祝いをしました。  
 
行ったホテルはよく行っている「ホテルクラウンヒルズ相模原駅」です。 
 
 
でも、とても喜んでもらえました。 
もっといいホテルにしたい気持ちもありましたが、いつも通りのホテルでした。 
 
ここに2人でいられればしあわせな僕たちは恵まれているのかもしれません。 
 
一緒にいる時間があれば、何もいらない。 
 
いや、何もいらなくはないか?(笑) 
 
ごはんとビールがあればいい。 
 
あとは基本的には何もいらないって感じになっています。 
 
 
いや~、もっといろんなところにデートに行くのかと思っていたけど、そんなこともなく、まったりと2人で過ごす時間が多いです。 
 
付き合ってから10ヵ月くらいなのに、こんな状態なのがおもしろすぎます。 
 
 
お酒を飲めるというのは、ものすごくいいことなのかもしれません。 
 
ほんとうこんなに15時チェックインで10時か11時チェックアウトのシティホテルに泊まることが多くなるなんて思ってませんでした。 
 
 
でも、デートの形とか2人がどうやって過ごしていくのかとかは、型にはめないで、その時々でお互いちゃんと話し合うか、想いを伝えて、無理なく楽しめる形にするのがいいですね。 
 
そうしないと疲れるし長続きしない。 
 
一瞬で燃え尽きる恋の形もあるかもしれないけど、それはつらいです。 
 
 
今は無理なく、お互い会いたい時に会って、仕事や彼女のプライベートな時間も大切にして、付き合えて行けてると思います。  
 
お互いがお互いを思いやって、好き同士でいられるのなら、相手のしあわせを願うのなら、うまくやっていける。 
 
 
今の感じをずっと忘れないで、2人の時間を積み重ねていければいいなって思います。 
 
 
恋の相談とか恋愛本とかノウハウって何も役に立ちません。 
 
参考になるところもあるかもしれないけど、相手のことをよく知らないと、相手が喜んでくれる様にテクニックは使えません。 
 
 
それにそういった模範解答的なものを見てしまうと、そっちの方がいいんじゃないかとか思えて来てしまう。 
 
誕生日はこういうプレゼントを上げた方がいいとかデートはこうした方がいいとか、高級ホテルに泊まった方がいいとか、書いてあるかもしれない。 
 
でも、その通りにやったら、どうなんだろうか?
 
相手は喜ぶのだろうか? 
 
金銭的に自分の負担にはならないのだろうか?
 
あと、すごいお祝いをしてしまうと、相手が自分の誕生日を祝う時にプレッシャーになる場合もある。 
 
 
いや、人によっては、とにかく自分を祝ってって人もいるかもしれない。 
 
だから、ほんとう答えは教えてもらえません。 
 
自分の頭で考えて、彼女が喜んでくれる様に誕生日の日は演出する。 
 
それが必要だし、自分で考えたってことに彼女は喜んでくれるはずです。 
 
 
今回、僕は彼女のホテルを安いホテルでしたが、そこで祝って喜んでもらえたのでよかったです。 
 
来年はもっといい誕生日にできる様に、働きます!

TOPページ