海外ドラマ24シーズン3のジャックバウアーがかっこいい!

【ちょっとネタバレしています】
 
ジャックバウアーがかっこいい!
海外ドラマ24シーズン3、あっと言う間に見れました。
  
いろんな登場人物がいて、ラモン・サラザールなんて、ちょっともう昔の話の様に感じる。
 
最初の敵が終わり、また敵が出て来て、目まぐるしい展開でとてもおもしろかったです。
小さいところを見ていくと矛盾があったり、リアルとは違うとかそういった話も出てくると思いますが、ま~小さいことは気にしないで、仕事が終わった後にお楽しみとして、1日1話を見れるというのが僕はとてもありがたいです。 
  
 
Amazonプライムのおかげでいつでもどこでも24が見れる。
10年前くらいに見た時はわざわざDVDを借りに行っていたものです。
 
でも、今は、今すぐ見れる。
それこそ、今からシーズン4を見れます。 
 
 
今回はなぜか後ろから僕は見ています。 
シーズン4はシーズン3の前に見ました。
  
次はシーズン2を見ま~す。 
 
 
まったく思い出せません。 
 
 
でも、やっぱり家族への愛って、何にも増すものなんだな~って、絶対に口を割らないサンダースが娘が殺されそうになると、話し出したり、超仕事のできる男トニーも、ミシェルが人質になると、反逆罪を犯したりする。 
 
自分のことだったら耐えられるけど、家族がどうにかなってしまうのは耐えられない。 
それはジャックバウアーも同じ。 
 
最強に強そうな人間でも、やっぱり人間の心は持っている。
  
そんなことも感じました。 
  
 

シーズン3のジャックバウアーは超かっこいい!

 
ジャックはいつもかっこいいけど、今回のシーズン3はキレかかってますね。 
 
ちょっとした仕草がすごいかっこいいし、今回は、ちょっと最初にヤクをやっていたくらいで、そんなに悪いことはしていない。 
 
トニーみたいなことをやってCTUに追われるのがジャックって感じがするけど、シーズン3はCTUの中心としてリーダーとしてみんなを動かしている。  
 
 
やっぱりそれが本来のジャックバウアーの姿なんだろうな~。 
 
仕事のできる男。周りから信頼を得ている男。
それがジャックバウアー。 
 
こんな人から学びたいけど、一緒に仕事はしたくない。 
 
きっと耐えられないでしょうね。 
 
とても優しさを持っている人ではあるけど、こんな仕事しまくる人がいたら、自分は休めません。 
 
ある意味、パワハラなのか? 
 
上司って適度に休んで、部下が休みやすい様にするのも仕事のひとつな気がしています。 
 
そもそも、仕事をしつづけなければいけないので、効率が悪いだけではないか? 
 
最近、そんなことを思ってます。 
 
 
ジャックバウアーなんて、仕事をするの数年に24時間くらいじゃないですか? 
 
そんなことないのか? 
 
普段は何をやっているのかは謎ですが、やはり集中して仕事を片付けると言うのはものすごく大事なことだと思います。 
 
 
さて、海外ドラマ24はAmazonプライムで次々と見れてしまいます。 
 
毎日の楽しみができたのはいいけど、ほどほどにしておこうっと。

TOPページ