ラーメン二郎(亀戸店)マシマシは禁止、油・野菜・にんにく追加可能

 
ラーメン二郎と言えば、マシマシです。 
 
あの野菜がラーメンの上にたんまりと乗っているもの。 
 
僕はさすがに食べれないけど、友達はそれにするのかと思っていました。 

 
でも、無理でした!!!!! 
 

 

ラーメン二郎(亀戸店)マシマシは禁止、油・野菜・にんにく追加可能

僕は普通のラーメンを食べました

マシマシは禁止だということが店内に書いてありました。 
 
あのてんこ盛りのラーメンは見れないんですね。残念です。 
 
油、野菜、にんにくは追加可能でした。 
 
どれくらい増やせるのかは分かりません。 
 
もっと増やせるものもあるかもしれません。 
 
 
これ最新のルールはどこでみんな学ぶんだろう?よく分かりませんが、周りの人はみんな慣れた感じでした。 
 
ラーメン二郎は店舗ごとにルールや雰囲気が違うみたいです。 
 
ツイッターをやっているところは多いので、行く店舗のツイッターは見ておいたほうがいいかもしれません。 
 
並ぶ時間があると思うので、その時にチェック!! 
 



ラーメン二郎(亀戸店)ツイッターでのデマ

僕が行ったラーメン二郎 亀戸店のツイッターを見ていたらデマが流されていた様です。 
 
https://twitter.com/jiro_kame/status/1410628881090895872 
 
こっそり野菜を持ち込んで載せたり、粉チーズをかけたりしたそうです。 
 
ちょっと本当っぽいですが、あの雰囲気の中、そんなことはできないだろうし、絶対に見つかります。 
 
黙認されない限り実行できません。 
 
もしも、実行できたとしたら、他の人もつぶやいて、話題になるはずです。 
 
多くの人が知らないってことはデマなんだと思います。 
 

これからも、こういったことを言う人は出てきそうです。 
 
ラーメン二郎はルールにはとことん厳しいから変なことはできません。 
 



マシマシが禁止の理由はお客さんにある

ラーメン二郎亀戸店のツイッターにマシマシ禁止の理由が書いてありました。 
 
残す人が多すぎたからだそうです。あとトイレで戻してしまう人までいるみたい。 

https://twitter.com/jiro_kame/status/1238729226594865154 
  
2020年3月14日のツイッターです。 
 
 
インスタ映えを狙って来ている人もたくさんいたんですね。賛否両論も多いので、決めるのにかなり考えたと思います。 
  
 
ノリで頼んだり、自分は食べれるだろうって思って頼んでしまった人も多そうです。 
 
残す気がなくて頼む人もいるだろうし、悪気がない人だっている。 
 
 
残したらお金を支払ってもらう様にすればいいのかもしれないけど、それをやるとしても手間です。 
 
 
そもそもマシマシを楽しんでもらうためにラーメン二郎を始めたんじゃないと思う。マシマシがなくても二郎が好きな人は好き。 
 
本当の二郎ファンはマシマシがなくても来る。 
 
でも、マシマシがあると、二郎というよりマシマシ目当てで来るお客さんが増えてしまう。 
 
そのお客さんのためにトイレが汚れてしまったり、残していくのを見て常連さんも嫌な思いをしたりしてしまう。 
 
マシマシがあることでほんとうに大切にするべき二郎ファンの常連さんに迷惑をかけてしまう。 
 
だから、やめたんじゃないかと僕は思いました。 
 
 
マシマシにするのはもったいないからという理由ではないのではないだろうか?
 
もしも、そうだったら、食券にマシマシ券を作ればいいだけのことです。 
 
値段の理由だったら、そうするはず。
 
でも、それをしたら、マシマシを無謀に頼む人が減らないので、思い切って禁止にしたんだと思います。
 



 

客にペコペコしないけどお客さんのことを考えているスタイルが好き

ラーメン二郎って客にペコペコはしない。自分のルールは絶対に曲げない。 

でも、そこにはすごい考えがあって、そうしているし、ほんとうのファンはそれが分かっている。 
 
だから、行列が途切れないお店になっているんだと思います。 
 
 
マシマシで注目を集めて一度行ってみたいお客さんが増えたから繁盛しているというわけではない。 

実は並んでいるのは常連さんが多いという事実も今回知ることができました。 
  
中毒性があるみたいなので、また食べに行きたくなる人は多そうです。僕はそこまで中毒性はありませんが、ラーメン二郎というお店は好きになりました。もっといろいろと知ってみたいです。 
 



最後に。

友達に誘われてノリで行ったラーメン二郎。 
 
マシマシがあったら調子に乗って頼んでいたかもしれません。 
 
僕はまだ考える年齢ではありますが、大学生の頃だったら迷うことなくマシマシを選んでいたと思います。 
 
その結果、食べきれずお店に迷惑をかけていたかもしれません。 
 
 
確かにマシマシがあったら残したり、食べすぎて気持ち悪くなる人は多そうです。 
 
 
マシマシがなくてもラーメン二郎はラーメン二郎です。これからもファンは通い続けることでしょう。僕も半年後くらいには行きたくなるかもしれません。