民泊禁止だけど中国人が泊まってるマンション。airbnbにも掲載されてトラブル寸前!

民泊禁止

最近よく見かける民泊禁止の貼り紙。
お客さんのマンションにもあって、airbnbに載せるなみたいなことまで書いてある。
 
どうやら載っていたらしい。
そこまで分かっているのにすぐには追い出せないんですね。 

マンション経営も大変そうです。 
 
しかも、民泊をやっているであろう部屋の主は中国人。  
きっと、面と向かって注意するまではやめないんでしょう。 
 
 
貼り紙だけでやめるのは日本人くらいなのかな? 
その辺りは国民性の違いなのかもしれない。 
 
ただ、今日本人も警察とかが動き出さないとやめない人は多いですよね。 
ハロウィンの渋谷とかを見ていてもそう思います。 
 
日本人のいいところは失わせていくのかもしれない。
 
 
その時、僕は引っ越しの手伝いをしていて、荷物を運んでました。 
 
だから、2階から1階へと何度もエレベーターに乗っていたのですが、その間、何度も何度も中国人の人とすれ違いました。 
 
 
こんなにたくさんの人が泊まっているのだろうか? 
 
でも、これってかなりごまかしやすいとは思います。 
 
だって、全員家族で親戚とか言えばいい。 
 
友達がたくさん泊まりに来てるとか言い訳はできる。  
 
 
中国語で、中国のネットで人を集めればバレないかもしれない。 
 
日本のマンションの管理人が中国の検索エンジンを使って、自分が管理しているマンションの住所を入れて、入居者を募集しているのかを調べることはないと思います。  
 
民泊って取り締まりは難しそうです。 
 
だから、やる人も増えているんだろうし、そんなに大問題にならなければ、本気で取り締まろうとすることもしないんだと思います。 
 
 
自分が貸りている部屋を他の人に貸すってことをやっている人はいるかもしれません。  
でも、それが稼げるとバレて、いろんな人がやり始めたら、問題になっていく。 
 
特に他の国の人は、日本とは常識が違います。 
 
 
やっぱりうるさいみたいですね。
 
深夜でも大騒ぎをする外人は多いみたいです。 
 
あと、大勢で飲んで騒いでいるみたい。 
 
怒鳴りこみにいこうと思ったけど、命の危険もあるかもしれないから、引っ越すことにしたと言っている人もいました。 
 
 
これから東京オリンピックもあるし、民泊をやる人はどんどん増えていくと思います。  
外人が絡んでくるとトラブルも増える。 
 
同じマンションに住んでいる人が嫌がることは長くはつづかないと思うので、素人は手を出さない方が無難ですね。 



TOPページ