電車に乗っていたら、突然の腹痛。やばかったけど、途中下車をしなくて済んだ。

  
東西線に乗って、中野に向かっていました。
 
飯田橋あたりから、お腹に異変が出てきた。
 
でも、耐えられそうだったので、中野に着いたらブロードウェイのトイレに行こうと思った。
 
 
別にもれそうになる痛みではない。
朝ごはんも食べてないから大丈夫。
 
そんなことを思ってました。
 
 
僕、朝ごはん食べると絶対にお腹痛くなるんですよね。 
この習性、どうにかしてほしいものです。
 
 
でも、高田馬場あたりで、あ〜やばい。 
途中下車しなくてはいけないとか思ってた。
  
なんなんだか分からないけど、お腹って大丈夫って思うと、それがプレッシャーになるのか、いきなりもれそうな風になることも多いです。
 
 
落合で降りるぞって思ったけど、落合に着いて降りようと思ったら、お腹の痛みがおさまった。 
 
もう自分のことがよく分からない。 
 
痛くない様にコントロールできたらいいんだけどな。 
 
それもまた難しいですね。 
 
 
今回はどうにか途中下車をしないで、中野に着いて、余裕で中野ブロードウェイのトイレに行くことができました。 
 
そういえば、前の日の夜に突然お腹が痛くなったりして、あまり調子はよくなかったんですよね。 
 
無事でよかったです。 
 
 
中野ブロードウェイのトイレには駆け込むことが多いですが、今回は大丈夫でした。 
 
もしも、ここが空いてなかったら、やばかったんじゃないか。 
 
そう思うことは何回もある。
 
でも、どうにか、もらすことはなく、どうにかトイレに入ることができています。 
 
 
旅行中とかはもっとやばいですね。 
 
人が周りにいることがプレッシャーになったりもしています。 
 
1人でダラダラいつでもトイレに行ける状態で旅するならいいけど、集団で行動すると、そうもいかないので、そこはいつも大変だと思ってしまいます。 
 
 
海外だとトイレ事情も違うし、なかなか厳しい。 
 
このお腹が突然痛くなる習性はいつまでつづくんだろうか? 
 
朝ご飯を食べない様にしたら、だいぶよくはなってきているけど、今回みたいなこともあるし、自分のお腹まったくよく分からない。 
 
 
とりあえず、刺激には弱いと言うことは分かっているので、お腹に優しくいきていきます。 



  
 
今回みたいに電車に乗っていて突然腹痛が襲ってきたら、なるべく早く降りることをオススメします。 
 
ほんとう取り返しのつかないことになる場合がある。 
 
といっても、今回の僕の様にいけるんじゃないか、いや、ダメかもとその間を行ったり来たりすることも多いと思います。 
 
途中で降りて、また電車に乗るとしたら、遅刻してしまうかもしれない。 
 
人間って不思議なもので、遅刻せずに着いて、トイレに行ったら許されるのに、トイレに寄って、遅刻したら怒られたり、嫌な思いをされたりしてしまう。 
 
 
ただ、ほんとうお腹は不安定なものなので、できるなら降りてしまった方がいいですよね。 
 
次の次の電車くらいには乗れると思うので、時間を失うと言っても10分くらいだと思います。 
 
あと、ほんとう最悪な場合ですが、トイレが空いてないかもしれませんからね。 
 
その場合は、そこで待つか、僕みたいに待ちたくない人の場合は、改札を出て、コンビニのトイレでも探すしかないです。 
 
 
今は、きれいな駅のトイレも増えて来たけど、ちょっと前は絶対に入りたくない感じだったから、途中下車して、改札を抜けて、階段を駆け上って、トイレを探したこともあったな。 
 
あんな思いはもう二度としたくないものです。 
 
 
お腹が突然痛くなってしまうのはどうしたらいいのか? 
確実な答えはまだないです。 
 
優しく、お腹が痛くなっても、くそっ!とか思わないで、優しい思いで、それも含めて自分だって思って生きていこうとは思ってます。

TOPページ