ポスティングのバイトでチラシを捨てるとバレる理由・バレた人の実例

今日はチラシ巻きをしていました。
たまにやってます。
初心に返れる感じがとてもいいです。 
 
 
そこで思い出すのが、
ポスティングのバイトでチラシを捨てて
バレた人の話です。 
 
どうやらそのバレた人は、
まったく違う地域で捨てたそうです。 
 
そうしたら、その捨てたマンションの
管理人さんから、チラシの番号に
電話がかかってきて、ばれたそうです。 
 

なんでそんなに下手な捨て方をするんだろうか? 
 
でも、やっぱり量が量なので、
バレやすいですよね。 

 
10枚ずついろんなところに捨てるのも面倒です。
 
そんなことをやるくらいなら、
真面目に巻いた方がよさそうなものです。 
 
 
わざわざ面接をして巻くことを決めて、
巻く場所のこともきっと調べて、
ちょっとは真面目にまいたとも思います。 
 
その働き場所を探すまでの時間もあるでしょう。 
 
 
そういった時間を全部、 
無駄にしてしまうことになる。 
 
あ~もったいないな~。 
 
 
真面目にやれば、どんどん慣れて、
効率もよくなって、 
そんなに疲れなくもなって、
けっこういいバイトになると
思うんですよね。 
 
やっぱり仕事って慣れるまで
いかにつづけられるのかが、
とても大事なことだと思います。 
 
慣れてしまえば簡単だし、
余力があるから、チャレンジもできる。 
 
 
チラシ巻きって、今の僕の場合、
500枚くらいだったら、
飽きずにちょうどいい感じに巻けます。 
 
2時間くらいで終わります。 
 
 
自分のペースで好きな時間に巻ける。 
  
途中でいくら休んでもいい。 
 
なんならビールを飲みながら巻ける。
 
って、さすがにそれはやめました。 
 
いや、そんなことをやったら、
きっとチラシ巻きなんて面倒になるな。 
 
 
チラシ巻きは面倒だし、
あまり稼げないし、体が疲れるし、
飽きやすいものだと思うかもしれない。 
 
 
でも、実はそんなことはなくて、
自分のペースでやりたい時にできて、
健康にもいい仕事です。 
 
これ副業にもとてもいいって思うんですよね。 
 
会社帰りに歩いて帰ってくる道で、
チラシを巻けたらとてもいい。 
 
 
ま~近所過ぎると
知り合いにあったりして、
面倒なこともあるけど、
副業としてのチラシ巻きは
いろんなやり方がありそうです。 
 
1枚2円だとしても、 
500枚巻いたら1000円もらえます。 
 
毎日はやらないと思いますが、
毎日やったら3万円~ 
 
これけっこういいな~。 
 
 
お金がないと言っている人は、
チラシさえも巻きませんからね。 
 
今すぐに始められて、面接も通る可能性が高い。 
 
巻くだけでお金がもらえて、
ちゃんと巻いていることが分かれば、
信頼も得ていくことができる。 
 
ポスティングのバイトは 
そんな風にすばらしいものです。 
 
捨てている場合ではありませんね。

TOPページ