ビフェスタ シートを彼女のために深夜のコンビニで買ってきた俺

 
 
夜中、起き出した彼女がメイク落としを忘れたと言ってました。
深夜のコンビニにあるというので、買ってきました。  
 
スマホでこんな感じのものと言われて、それを頼りに買いました。 
 
ちょうど見ていたものと同じものがありました。
 
よかった! 
 

ビフェスタ シートというものでした。 
 
別に何の問題もなくこのシートで大丈夫でした。 
 
 
女性は毎日メイクをするのが当たり前になっているし、それがないと外を出歩けない人もいる。 
  
それに比べて男性は何もしなくても、ちょっと髪に水つけて寝癖を整えるだけでも外に出ていける。 
 
男も女性と同じ様に見た目に毎日気を使えたら、もっとかっこよくなれるのだろうか? 
 
少なくとも、鼻毛が出ているとか、まゆげが太すぎるとか、変な寝癖が立っているとか、そういうことはなくなるとは思います。 
 
でも、女性は別に男性のためにメイクをがんばるわけではない。  
 
たぶんそう。 
 
そこを分かっておかないと、おかしなことになる。 
 
女子会とかに行く時の方が、男もいる集まりよりもメイクをがんばったりします。 
 
それってナンパ待ちなのか?って思ってしまうかもしれませんが、そんなわけはなくて、よく分からない気持ちだけど、他の女性に負けたくない気持ちなのかな~。 
 
いや~それも違う気がする。 
 
 
周りの子がメイクも服装もがんばるんだから、自分もがんばるっていう同調する気持ちなんだろうな~。きっと。 
 
そもそも、女性と男性は違う星から来たくらいに違うものだと、誰かが言っていました。 
 
だから、分かり合おうとするのは難しい。 
 
まったく別の生物で分かり合えないんだからしょうがないって思っておいた方が楽。 
 
それでも、合う部分はあるし、この人が好き。だから一緒にいようって考えた方が健全です。 
 
ストレスなく付き合っていけると思います。 
 
 
そもそも、自分のことだって、そこまで分かっていないのに、人のことなんて分かるわけがありません。 
 
できないことはやらない方がいい。 
 
そこに努力をしても無駄になる。疲れる。疲れて嫌になる。 
 
付き合っている彼女が嫌なのではなくて、ただただ疲れているだけなのかもしれませんね。 
 
 
メイクシートを深夜に思い出して買おうとする彼女。
 
僕は、ま~一日くらいいいんじゃないの?とか、水で流せばいいんじゃない?って思うけど、そういうことじゃないんですよね。 
 
彼女を深夜外にひとりで行ってもらいたくはないので、黙ってメイクシートを代わりに買いに行くくらいのことはやらせてもらっています。 
 
 
これからもよく分からないことは多いだろうけど、ま~それはそれでいいと思えるので、今はけっこう精神状態がいいと思います。よかった♪



TOPページ