舌打ちをされたけど、仕返しはしないで我慢するべき、ケンカはよくない

2日連続で舌打ちをされました。

 
普通に道を歩いていたんですが、目的地であるファミリーマートを通り過ぎてしまった。 
考え事をしていました。 
 
なので、立ち止まって振り返り、道を戻りました。 
 
 
そうしたら、ちょうど後ろに人がいたみたいで、舌打ちをされました。 
 
何かと思って見ていたら、こっちを見てきたので、怖くなって、コンビニに逃げ込みました。 
 
コンビニの前で待っていられたらどうしようかと思いましたが、いなかったのでよかったです。 
 
 
さっき自転車に乗っていて、止めた時にもなぜか舌打ちをされました。 

道が細かったから邪魔なのかな~。 
 
 
そういった舌打ちをする人って絶対に今に不満があるんだと思います。 
 
イライラを爆発させる機会をうかがっている。 
 
だから、そのチャンスが来たら我慢できず、舌打ちしてしまうのでしょう。 
 
 
こっちも舌打ちをしたら、我慢は限界に達して殴ってくるかもしれません。 
 
そういった人とは関わらないに限ります。 

 
よく分からないプライドをかかげて、立ち向かって言ったら危険です。 
  
 
逃げるが勝ち! 
 
この言葉を忘れてはいけない。 
 
自分にそういい聞かせています。 


舌打ちをする人は舌打ちを求めている

舌打ちをする人に舌打ちをしてしまったら、相手の思う壺です。 
 
きっとそういった人って、正当に怒れるチャンスをうかがっているはず。 
 
そんな罠にひっかかってはいけません。 
 
舌打ちをされて嫌な思いをしたのなら、その人に対して嫌な思いを返すべき。それは無視・無反応。これが一番、相手に効くはずです。 
 
 
一瞬、ムカっとなってしまうかもしれません。 
 
でも、深呼吸して、そんな人に構っている場合じゃないと思いなおして、普段の自分の生活を送った方がだいぶいいです。 
 
 
舌打ちをされて、舌打ちを返したくなるんだとしたらきっとイライラがたまってます。  
そういった自分の悪い状態にも舌打ちされたら気づくことができる。 
 
そう考えたら、舌打ちをしてくれる人はいい人かもしれない。お医者さんみたいなものか? 
 
自分の悪いところに気づかせてくれる人。それが舌打ちする人。 
 
そう考えて、反抗しない様にしたいです。 
 
 
僕は舌打ちする様な人にはなりたくないな~。 
 
誰かといたら絶対にしなくても、ひとりの時は舌打ちをする人もいると思います。 
 
そうやって、知っている人の目がない時に、変わる人間にもなりたくないです。 

 
人間生きていればいろんなことがある。 
 
イライラしている日もあることでしょう。 
 
 
でも、そのイライラを人にぶつけてはいけません。
 
難しいとは思うけど、絶対にあとで後悔する。 
 
いいものも悪いものも自分に返って来てしまう。 
 
それを忘れないで、なるべくいいものを周りの人に与えられる様にしたいです。

TOPページ