中野駅南口のツタヤで借りた漫画の1泊延滞料金を支払う、思ったより安くてよかった

 
 
 
 
新宿区落合駅の方で友達と会っていました。
その人は、ツタヤで借りた漫画の返却が今日までと言ってました。 
 
中野駅南口で漫画を借りたそうです。 
 
 
僕は中野に戻るので、返しておくと言うことを伝えたら、喜んでもらえました。 
 
しかし、その日は、戻って、どこかに漫画を置いて、そのまま次のことを始めたら、返すの忘れた!! 
 
 
次の日に思い出して、返却料金にドキドキしながら、ツタヤに行きました。 
 
自分のミスだから、請求もできません。
 
こんなことってあるんですね。バカすぎる。 
 
 
でも、思ったよりも安かったですね。 
 
1泊延長だとこんな感じです。 
 
ツタヤ1泊の延滞料金
 
 
1000円とか、かからなくてよかったです。 
 
これくらいなら自分のミスなので許せる範囲です。 
 
ツタヤも今は入ると漫画コーナーが広がっていました。  
 
CDやDVDを借りる人はどんどん減ってるんでしょうね。 
 
それもそのはずですよね。 
 
ネットでダウンロードしたり、YOUTUBEで見たり、僕の場合はAmazonプライム動画で見ることも多いです。 
 
 
その時代の流れに合わせて、自分の商売も変えていくツタヤさん。 
 
個人で働いている僕は、見習わないとなって思います。 



 

友人の漫画も普通に返却できた

今回驚いたのは、他人だったけど、普通に返却できたことです。
  
バーコードで漫画が管理されているので、大丈夫でした。 
 
会員カードの提示も求められませんでした。 
 
でも、それもそのはず。
 
だって、返却BOXに入れれば、延滞ではない場合は返せますもんね。 
 
ツタヤ側からすれば、誰が返したかはどうでもよくて、返ってくることが大事です。
  
 
とても早く返せるのでストレスないのはとてもいいですね。 
 
 

返却する日を忘れないために

 
返却をしようと思っていても、忘れることもある。 
 
そんな僕みたいな人のために、返却の日を教えてくれるサービスがあります。 
 
■返却予定日お知らせメールとは
 
延滞してもらった方がツタヤは儲かりそうだけど、優しいですね。 
 
もう借りることは一生ないかもしれませんが、いろいろとお客さんのことを考えて、取り組んでいるのは、見ていてとてもいいなって思います。 



TOPページ