ツイッターは時間の無駄だと思ってアプリを削除したらスッキリした 

 
 
 
ツイッターってとてもおもしろい! 
 
中毒性がある。 
 
普通の人のつぶやきが何でこんなにおもしろいんだろう? 
 
ほんとう世の中、おもしろい文章をかける人、ニュースや今話題のことにちゃんと意見できる人が多すぎる。 
  
 
ただそれを見たからと言って自分の人生が変わるわけではない。 
 
暇つぶしとしてはいいけれど、ツイッターを見るのって習慣になっていてやばかった。  
 
寝て起きた時にツイッターのアプリを立ち上げることもあった。 
 
信号待ちやエレベーターを待っている時にもツイッターチェック! 
 
 
ツイッターのすごいところは、自分の投稿への反応があることですね。 
 
何気なくつぶやいたことが100人以上の人に見られていたり、リツイートやいいねをたくさんもらえることもある。 
 

そういった反応があるのが中毒性の原因だとも思う。 
 
ついつい気になって見ちゃいます。 
 
 
あと、気になる人のつぶやきもいつあるか分かりません。 
 
すぐ削除される場合もあるし、それもまたついつい見ちゃう。 
 
 
ほんとうどこまで計算されているのかは分からないけど、ツイッターってすごいですね。 
 
人を夢中にさせて離さない魅力がある。 
 
 
もちろんツイッターをしている時間が無駄とは言いません。 
 
でも、僕はもっと他にやるべきことがあるので、ツイッターへの時間を減らしたいと思いました。 
 
 
ついつい見ちゃうというのがほんとう危ないです。 
 
海外ドラマやYOUTUBEをツイッターで見たりもします。 
 
でも、それはついつい見ちゃうというよりは、よしっ!見よう!ってなってから見ます。 
 
信号待ちとかエレベーター待ちとか、そういった本当に少しの時間しかない時には見ようとは思いません。 
 
意識的にこの時間に見よう!ってなる。 
 
 
ツイッターのアプリをついつい触れてしまう。 
 
これが怖いと思いました。 
 
 
もう自分の意識の及ぶ範囲を超えにかかっている。 
 
コントロール不可能のところまでいっている。 
 
 
だから、ツイッターのアプリを削除してみました。 
 
アプリというものがやっぱり危ないんですよね 
 
ついつい触っちゃう。 
 

ツイッターのアプリがなくても生きていける

当たり前だけど、ツイッターがなくても世の中はすばらしい! 
 
普通に生きていけます。 
 

スマホを持ってない時は、スマホを持っている人に対して、もっと広い世界を見た方がいいって思ってた。 
 
あんな小さな画面の中で人生のどれだけの時間を過ごすんだろう?って思ってた。 
 
 
でも、気づくと自分もスマホを持って、そんなに変わらない様になっている。 
 
 
歩きながらスマホしたり、電車の中でもしたり、寝る前にやったり、起きたらとりあえずスマホを触ったり、ま~それでもいいんじゃないって思える人を否定しません。 
 
それだけおもしろいものです。 
 
 
やっぱり僕は古い人間なのかもしれない。 
 
 
スマホ、スマホしている人生。
 
スマホ中心で生活しているのがとても嫌です。 
 
 
ツイッターのアプリを削除するだけでも、かなりスマホから離れることはできました。  
 
ニュース系のアプリは入ってないし、気になるのは、ヤフオクとメルカリかな~。 
 
ま~ツイッターよりは中毒性がないし、動きもないので、必然的にスマホを見る時間が減りました。
   
 
よかった!!!!!
 
 

なければどうにかなるもんです。

 
僕ってお菓子を食べたいとは普段思わないけど、家にあったり、出されたら食べちゃいます。 
 
お酒もそうですね。ないならないでいいけど、あったら飲んじゃう。 
 
 
ダイエットしたいといいながら家にお菓子が常備してある人は多いと思う。 
 
冷蔵庫の中にジュースやすぐ食べられるものがあるのではないだろうか? 
 
 
それがないだけでも、かなり食べる量は減らせると思う。 
 
 
食べるためには、わざわざコンビニやスーパーに行かないとダメな状況を作り出す。 
 
そうすることで食べる量は減ります。
  
 
スマホ断ちだって同じです。 
 
ないならないでどうにかなります。 
 
アプリを削除するだけでも、スマホを触る時間を減らせる。 
 
 
僕の場合は、パソコンでまとめてやった方がいいことも多い。 

メールチェックと返信とかチャットの返信とかはパソコンでまとめてしてしまった方がいい。 
  
 
すぐに返さないといけない状況でもないので、そっちの方がいいな~。  

gmailのアプリも削除してみようかな。 
 
ついつい見ちゃいますからね。 
 

アプリの見直し、たまにはやってみるといいかもしれない。

まとめ。

 
時間は有限です。命は無限ではない。 
 
そんなの分かってる。
 
もっと時間を大切にした方がいい。 
 
そう言いながら無駄な時間があることを許してしまう人間です。 
 
 
もちろん、無駄な時間も必要です。
 
だらだらしてもいいと思う。 
 
 
ただそこをちゃんと自分でコントロール出来ているかは重要だって僕は思ってます。 
  
 
スマホをいじっている時間って無意識なんですよね。 
 
1日どれくらいスマホに時間を使ったのかなんて正確には分からない。 
 
だいたい分かったとしても、たぶん、その思っている時間よりもかなり多い時間をスマホに使っているんじゃないだろうか?
  
 
それでいいならそれでいいけど、僕は嫌なので、ツイッターのアプリを削除してみました。 
 
削除したら余裕を感じられています。あくせくしてない。焦ってない感じになってます。 
  
ツイッターのアプリを削除するだけでも、時間の流れが変わる。 
 
こういった変化は増やしていきたいです。

TOPページ