海外ドラマ24シーズン2で泣く、自分の仕事の仕方を考えさせられる

今、24シーズン2を見ました。泣いてしまった。
 
まさか泣くとは。泣けるドラマでもあります。 
 
もう本当、命をかけて戦っている人たちってかっこいいし、人の役にたっている。 
 
でも、報われない。 
 
しあわせになれない。 
 
ひどすぎる状況。 
 
こんな世界があってもいいのかってくらいに、自分が住んでいるところとは別世界です。 
これって、ドラマだけど、実際にそういった命がけの仕事もあるわけですもんね。 
 
そういった世界の人たちの実話は知ってみたいと思いました。  
 
 
命ではないけど、みんなそれぞれ自分の人生を必死に生きている。 
 
プライドを持って生きている。 
 
どんなにダラダラどうしようもない毎日を送っていても、それはそれで、未来を考えたりもすることもあることでしょう。 
 
 
考えすぎてもしょうがないけど、考えてしまうのもしょうがない。 
 
24を見ていると、そんな自分の人生を愛おしくも思える。 
 
 
そして、登場人物がみんなかっこよすぎる。 
 
今回かっこいい人多いですね。 
 
みんなそれぞれ自分の役割を全うしようとしている。 
 
これがチーム、これが仕事、これが人生。 
 
そんなことを感じます。 
 
 
一見、何の親しみや絆もなさそうな人同士、飲みに行ったり遊びに行ったりは絶対にしない同僚。 
 
それがテロを止めると言う目標に向かって、ひとつになっている。 
 
仲がよくて、なれあいの職場よりも絶対にいい仕事をしている。 
 
 
仕事仲間ってなんなんだろう?ってことも考えさせられますね。 
  
 
目的が一緒で、ただそれをクリアするために一緒にいるはずなんです。 
 
でも、私情が入る。 
 
自分にはできることもできないとか、言い出す人がいる。 
 
言い訳を並べて、自分を守って正当化して、傷ついて前に進むことから逃げている人もいる。 
 
クチだけの人はほんとう多い。 
 
 
そして、いつしかそういったところをよくするために、力を使う様になり、支持する側も、本当の目的を達成するために時間や労力を前よりも使わなくなる。 

それも結局はさぼりたかったり、やった気になりたいだけなんだろう。 
 
 
ひとりでも絶対に達成する。 
 
ジャックバウアーはそう思っているもんな。
 
 
だからこそ、人はついてくるんだと思う。 
 
もちろん、ついてこないで、文句だけを言っている人も多いですけどね。 
 
 
ジャックバウアーみたいにはなれないけど、見習えるところはいろいろとあるな~って、CTUの働きっぷりを見ていると思います。 
 
僕も仕事をがんばろう。 
 
今日は11月1日。 
 
もう今年も終わります。 
 
このままでは年を越せません。 
 
残り2か月、もっと本気でやろう。 
 
 
海外ドラマ24シーズン2、約10年前に見た時よりもジャックバウアーの生き様に心打たれる  

TOPページ