プラスチック衣装ケースを処分した!粗大ゴミ代を無料にするためにノコギリで解体した話

プラスチックの衣装ケースを友達と2人でこなごなにした!

プラスチック衣装ケースを処分
  
 
プラスチックの衣装ケースってとても便利なものです。 

これがあれば、タンスはいらない。特に収納スペースがいらない。 
 
収納したいものを入れて積んでおけばいい。 
 
それだけで、けっこうモノを整理できます。 
 
 
でも、そんな便利なものですが、引っ越しの時とかに処分するとなると大変です。 
 
この大きさでは、普通に捨てられない地域の方が多いと思います。 
 
 
粗大ゴミとして出すとしたら、1つ400円くらいはかかるのではないでしょうか? 
 
10個あったら4000円も取られてしまう。 
 
いや~それは嫌だな~って思ってので、無料で捨てることができる様に、破壊してみることにしました。 
 
 
意外と大変だけど、できないことではありませんでした。 
 

プラスチック衣装ケースを無料で処分するために必要なもの

まず用意した方がいいのが、ノコギリです。 
 
僕はAmazonで人気のあるハイスパイマンというものを買いました。 
 

 
 
これひとつあるだけで、僕は10個くらいのプラスチックの衣装ケースを解体することができました。 
 

 

 
普通のノコギリもあったんですが、これはなかなか切るのは難しかったです。 
 
やっぱりAmazonで人気のあるものだけありました。 
  
 
レビューはこちらに書きました。
⇒ Z ハイスパイマンの評判やクチコミ|実際、使った感想・レビュー(動画つき)
 
ただ1000円くらいはするので、処分したいものが衣装ケースだけで1・2個だけの場合は粗大ゴミを使った方が安上がりです。

意外と疲れるノコギリ

ただ最初は楽しかったのですが、段々と疲れてきました。 
 

 
 
これでずっと切りつづけるのは大変です。 
 
なので、僕は強硬手段に出ました。 
 
面倒くさがりすぎるので思いついたのが、破壊する。 
 
 
ちょっとだけ切り込みを入れて、足で踏んずけて、折る!!!!!
 
 
 
なかなかコツをつかむのは難しかったですが、これでけっこう壊せました。 
 
ノコギリだけで下まで切ろうとすると時間がかかるので、このやり方でショートカットしました。 
 
 
ただ危ないし、女性には勧められません。 
 

粗大ゴミに出すとプラスチックの衣装ケースは400円くらいだと思う

大きなゴミは粗大ゴミに申し込まないといけません。 
 
今回はおじいちゃんの家の片づけを手伝うということでタンスとかも粗大ゴミに出しました。 
 
運ぶのも大変だし、お金はかかるし、これってどうにかならないものだろうかって思います。 
 
敷金・礼金のお金で、中の片付けまでやってほしいものです。 
 
大きなタンスは高齢者の方や女性は運べないと思う。 
 
そんなものを粗大ゴミというルールがあるからって、お金を払って、シールを貼って、運ばなくてはいけないなんてつらすぎます。 
 

これからは高齢者社会だし、粗大ゴミってどうにかならないものだろうかって思います。 
 
プラスチックの衣装ケースみたいに、誰かが欲しがりそうなものも粗大ゴミとして出さなくてはいけません。 
 
管理人さんが回収してくれて、新しく住む人とかにあげてくれたらいいのにな~。 
 
そんなことを思いますがきっと難しいんでしょうね。 
 
もらってくれる人がいなかったらどうするんだって話ですしね。 
 
その場合は、管理人さんが粗大ゴミに出してくれないのかな~。 
 
 
家賃の中にそれくらいのお金は含まれているんじゃないかって思います。 
 
1つ400円だとしても、10個20個と部屋を空にする時は出さなくてはいけなかったりします。 
 
 
あれもこれもそれも粗大ゴミなのか~って思いました。 
 
1万円札はあっという間に消えていく人も多いはず。 
 
しょうがないことですけどね。 
 
 
プラスチックの衣装ケースは僕みたいにノコギリを買って、がんばってギコギコすれば、解体はできます。 
 
ただ1つ壊すのに10分はかかると思うな~。 
 
けっこう疲れる。 
 
 
そう考えたら、400円で粗大ゴミとして出すのもありと言えばありだとは思います。
 

処分業者に頼むと倍はかかるかな~

衣装ケースは処分業者に処分を頼むという手もあります。 
 
ただ、わざわざ取りに来てもらい運んでもらうので、お金がかかります。 
 
多分、1つ800円とかはかかると思われます。 
 
 
トラックに処分したいものを積み放題できるプランがあったりもしますが、それもまた高いので、やっぱり自分で粗大ゴミに出せるものは出して、ゴミで捨てられるものは捨てた方がいいです。  
 
処分業者にもよるんだとは思いますが、すごい高額なお金を提示されている人にも会ったことがあります。 
  
 
自分でやれることはやったあとに、どうしても無理なものだけを処分業者さんに頼むのがいいやり方だとは思います。 
 

プラスチックの衣装ケースを買い取りに出す!

今回、時間もなくて面倒だったので、プラスチックの衣装ケースは処分をしました。 
 
でも、もしかしたら、売ることができたのかもしれない。 
 
リサイクルショップに売っているのを見たこともあります。 
 
これを売って大金を得ようなんてことは思えないけど、無料で引き取ってくれるところはあるかもしれませんね。 
 
 
近所のリサイクルショップだったら取りに来る手間があまりないので、引き取ってもらえる可能性は高いです。 

電話して聞いてみるのはいいかもしれない。 
 

あとは、郊外の大きなリサイクルショップだったら引き取ってくれるかな~。  
 
僕はあまりやろうとは思えないけど、電話やメールで問い合わせるのはいいかもしれません。 
 

プラスチックの衣装ケースは解体して燃えないゴミに出した!

プラスチックの衣装ケースを解体したらすごいことになりました。 
  

 
不燃ゴミに全部出してきました。 
 

 
 
苦情は来てないので、これで大丈夫でした。 
 
 
地域によっても住んでいる建物によってもゴミのルールは変わるので、嫌がられな様にはした方がいいですね。 
 
あまりこういった片づけってしたことがなかったので、プラスチックの衣装ケースもどうしたらいいのか分からなかったし、粗大ゴミで出すことになってもしょうがないって思ったけど、無事解体できて、お金をかけずに処分ができてよかったです。 
 

しかも、今回のために買ったノコギリはまだまだ使える。 
 
刃がダメにはなってません。 
 
今回は一気にやったので大変だったけど、こまめに捨てていくのなら、まだ楽かもしれません。 
 
ま~そうやってコツコツ片付けやゴミ捨てができたら苦労はないんですけどね。 
 
 
別にやらなくても生活することはできる。 
 
だからついつい後回しになってしまう。 
 
先回りしてやった方がいいことっていろいろとあるよな~。 
 
そういったことができる人間になってみたいものです。 
 
 
ゴミを片付けるとそういった気持ちが湧いてくるけど、すぐに忘れていくんだろうな~。 
 
あ~今この気持ちがあるうちに、もっと捨てよう。どんどん捨てよう。片付けよう。 
 

まとめ

ゴミ捨てってとても面倒だし、取り掛かるまでは重い腰があがらないけど、一回やってみたら、どんどん進んでいく。 
 
疲れはするけど、とても気持ちがいいものです。 
 
 
普段からちゃんとしていれば、こんなに一生懸命片づけをしなくても片付くはずなんですよね。 
 
こまめにいらないものは捨てて、必要のないものは買わない様にすれば、こんなに片付けることに疲れなくてもいい。 
 
 
普段の生活ってほんとう大事だなって思います。 
 
今回、プラスチック衣装ケース以外にもいろいろと捨てたり解体したり、粗大ゴミに出したりしたので、そんなことを強く思いました。   
 
 
毎日の生活パターンがもっといいものになって、スッキリしていける様なリズムになれたら、身軽になって、行動力があがったりするのかもしれません。 
 
モノもそうだけど、無駄なものを抱えすぎているんだと思います。 
 
 
今は片付けたい欲がすごい湧いているので、この欲があるうちにあれこれと片付けて、そのままこまめに片付けられる男になってしまう予定です。 
 
  
Z ハイスパイマンの評判やクチコミ|実際、使った感想・レビュー(動画つき)
 
買ったノコギリでもっといろいろ壊したい!!